住宅ローンと配偶者のキャッシング

金利のこと知っていますか?お金の勉強部屋

住宅ローンと配偶者のキャッシング

キャッシングを使ったことがなくても、住宅ローンの審査を断られることがあります。申込者と婚姻関係にある人が多額のキャッシングを使っていたり、延滞履歴がある場合です。

 

条件によっては、家族がどのようにキャッシングを使っているかは関わりがないこともあるといいます。どんな時に、両者の関連性が出てくるのでしょう。

 

それは、連帯債務者になっているケースです。住宅ローンを組むにあたり、債務者が一人であるなら配偶者のキャッシング状況や履歴は審査に影響はないようです。

 

今後の住宅ローンの返済を夫婦で共に行うならば、どちらか片方にでもキャッシングの利用歴に問題があっては困ります。

 

夫婦2人で住宅ローンを返済する場合、夫婦の片方が主たる債務者となり配偶者が連帯債務者となる必要があるからです。

 

連帯債務者の信用情報を調べることも、住宅ローンの審査では大事になります。

 

キャッシング履歴があったとしても、遅延やトラブルなどなく全額返済されていれば、主たる債務者と同様に問題にはならないようです。

 

審査では、キャッシングの利用歴とクレジットカードの上限額は同列に扱われます。

 

カードのキャッシングによって住宅ローンの審査を通らなかったケースが過去にあるようですが、最近はかなり緩和されているようです。


ホーム RSS購読 サイトマップ
おススメ情報 リンク 運営者情報 お問い合わせ