カードローンでの低金利の違い

金利のこと知っていますか?お金の勉強部屋

カードローンでの低金利の違い

カードローンの金利の違いを、いくつかの消費者金融会社で調べてみましたが、一言で低金利カードローンと言っても、消費者金融会社によって金利に大きな違いがありました。

 

低金利のカードローンだけで見た場合、消費者金融会社が扱う低金利カードローンより、銀行が扱う低金利カードローンの方が、全体的に低金利で設定されている傾向があります。

 

ただし、銀行のカードローンは審査や手続きに時間がかかるデメリットがあります。銀行の融資は、住宅ローンからカードローンまで、貸し倒れを想定した貸し出しを行っていません。

 

時間を掛けて、カードローンの利用者が確実にお金を返済してくれる相手なのかということを審査しています。

 

審査内容も厳しくい銀行のカードローンの場合は、審査を通らないこともたくさんあるそうです。

 

そのうえ実際にお金が手元に入るまで数日かかってしまうのが、銀行の低金利カードローンの欠点です。

 

けれど、銀行に比べ審査も簡単で早い消費者金融会社の低金利カードローンの場合は、お金が実際に手元に入るのも簡単です。

 

いくら低金利としても銀行のカードローンに比べ消費者金融会社のカードローンは、金利が高くなってしまいます。

 

貸し出しの審査が簡単であるということは、利用者の信用度も低くなるということです。

 

信用度が低い利用者に貸し出す場合は、貸したお金を回収することができないかもしれないというリスクを背負っていることになってしまうのが消費者金融の立場です。

 

いくら低金利カードローンをうたっても、金利が銀行の低金利カードローンより貸し倒れを防ぐために、やや高くなってしまうのは仕方のないことでしょう。

カードローンでの低金利の違い関連ページ

低金利のカードローンとは
低金利カードローンの注意点

ホーム RSS購読 サイトマップ
おススメ情報 リンク 運営者情報 お問い合わせ